一人暮らし初心者に人にとっては「一ヶ月にどれくらいお金を使えるか」がわからないことが多いです。生活必需品だからとぽいぽいいろいろなものを買いすぎると月末お金がなくなるなんてことも。

そんな月末貧乏にならないための節約術を教えます。

それはずばり1日2,00円生活をするということ。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

1日2,000円生活とは

1日2,000円生活とは1日2,000円で過ごせるように工夫して生活する方法です。1ヶ月30日と考えると2,000円の場合2,000×30=60,000円です。

この1日に使える金額はもらっている給与と相談し無理のない範囲で設定してください。

基本的に1ヶ月給料の3分の1で過ごせるように上限を設定してあげると良いです。

給料:手取り18万円の場合

家賃・光熱費など 6万円以内
食費・雑費・飲み代 6万円
残り 3万円:別口座に貯金
3万:予備の生活費

手取り18万円の時の目安はこんな感じです。1日に換算すると生活費2,000円になりますよね。

1日決まった金額で過ごす癖をつけていれば意外と月末辛くありません。また節約しようという気力も湧いてきませんか?

「今日はもう1,000円使ったから夜は冷蔵庫のありもので何か作ろう」
「今日は意外と節約できたからビール1本ご褒美に買っちゃおう」

などうまい具合に金銭の管理ができます。

お得に生活すれば1日1,500円のハードルは高くない

コンビニ弁当だと3食食べると2,000円超えることもありますよね。

しかし、同じ内容の弁当でも近所のスーパーでは300円くらいで売っている

1ヶ月単位で考えると失敗する

1ヶ月使える金額を設定してそれを崩して生活していくスタイルを私も最初はためしていました。

しかしこの方法って月末の自分をイメージしずらいので月初に意外と使ってしまうことが多いのです。

意外と使いすぎてしまうため月末にお金がない・・・。という事態になります。

そうならないためにも1日の上限数値を設定しておく方がお金の管理がしやすくなります。

家計簿をつける時に支出をカテゴリー分けして失敗する

一人暮らしを始めた最初って「食費は月に○○円」「雑貨は○○円」とカテゴリーに分けて支出を設定しますよね。

しかし、カテゴリーを分けることで満足してしまうことがおおくありませんか?

しかも生活していくと必ずしも当初の予定どうりの支出内に納めるのはかなり難しいと思います。

なぜなら生活する上でトラブルはつきものだからです。

家電や家具が壊れることもあるでしょう。

そのような時に家計簿のカテゴリー分けを複雑にしてしまうと管理がしにくくなります。

しかしこの1日2,000円生活の場合は1日を2,000円以内で過ごせばいいだけなので管理がしやすいです。

余ったお金は翌日に繰り越し

余ったお金は翌日に繰越せます。

ですので1日目のあまりが500円の場合は翌日は2,500円内で収めればいいのです。そうすると生活にゆとりも生まれますし、節約している実感もわいてきますよ。

あるだけ使ってしまう人は

また、「自分は金があるとあるだけ使ってしまう」という人は今日余ったお金を貯金箱に貯金しておけばいいのです。

そうすれば毎日2,000円で過ごさなければいけないため無駄遣いもしなくなります。

小銭って飲み会の時に感謝される

また急な飲み会があった時は、その小銭を持っていけばいいのです。飲み会の時は1万円札や5,000円札を持ってくる人が多いので小銭を持っている人は喜ばれます。2、000円札と500円玉数枚と100円玉があれば幹事も大助かりです。

月の初めに満額を1,000円札で引き出す

月の初めに今月分の生活費総額を1,000円札のみで銀行口座から引き出します。6万円分の1,000円札を自宅に保管し、朝会社に行く前に今日の分のお金を財布に入れます。

設定金額を超えないように1日を過ごすだけなので管理がしやすいです。

余った分は翌日に繰り越せるので節約する気もやる気も出てきますよね。

遠くの目標より目の前の目標

勉強や運動などを習慣化させるためには毎日コツコツと続けていくことが大切です。しかし、私たちは目標を大きく作りがちです。

3ヶ月で5キロ痩せる
1ヶ月で英語のテキストを終わらせる

など1月単位年単位で目標を作ってしまうと目標が大きくなりすぎて途中で挫折してしまいます。ですが今日の目標として小さな目標を達成していくとどうでしょうか?

1日腹筋背筋腕立て伏せを20回2セットやる
英語のテキストを1日1ページやる

この方が目的もはっきりして挑戦しやすいと思います。また1日の量は少ないかもしれませんがそれが1ヶ月、1年と続けば効果が実感できてくるでしょう。

小さなことからコツコツと。これが大切です。

1日2,000円生活もこれと同じで1ヶ月の支出という大きな数字ではなく1日地単位に置き換えてやりくりすることで管理がしやすく月末に急な出費があっても対応できるようになります。

まとめ

1ヶ月単位で考えるのではなく1日単位でお金を管理しよう
1日に持ち歩けるのは2,000円までと決めておこう
節約した分は翌日に繰り越せる
財布にあると無駄遣いしてしまう人は1日のあまりを貯金箱に
小銭は飲み会の時に喜ばれる

毎月月末苦しんだ人でもこの方法なら余裕を持った生活が送れます。1日2,000円分を管理すればいいだけなのでとっても便利でしょ??

10日くらい節約を頑張ると財布の中身もだいぶ余裕が出てきます。急な飲み会や大きな買い物をする時は節約して溜まっている分で十分買い物ができるので一人暮らし初心者の人はこの方法をお試しください!