アドピックは広告をプロモーションすると報酬がもらえるお小遣い稼ぎアプリ(サイトもあるよ)です。人気の広告プロモーターとなって報酬をどんどん稼ぎましょう。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

アドピックで使われる専門用語一覧

アドピックでよく使われる専門用語をまとめてみました。

クリック数

その名の通り広告をクリックした数。アドピックで掲載しているリンクをクリックするとカウントされます。このクリック数が多いということは広告をクリックしてくれる人が多いということなので、あなたの広告に興味を示しアプリをダウンロードしようとしてくれた人が多いということになります。

またアドピックはダウンロードしたユーザーが過去に同じアプリをダウンロードした場合、成果となりません。

コンバージョン

ユーザーがクリックしてアプリをダウンロードした数のことをいいます。つまり成果ですね。コンバージョン数が高いということはダウンロード数が高いということなのです。クリック率に対してコンバージョンが高いといいプロモーションができるテイルということです。

コンパ―ジョン率

ウェブサイトの場合は

アクセス数(PV数)農地の何割がコンバージョン(商品購入や広告クリックなど)をしたかの割合を示す指標。
インターネット上のアフィリエイト広告で使う場合は獲得したコンバージョン数をクリック数で割った数字のことを指します。このコンバージョン率を比較することでどの広告が成果を上げやすいかがわかります。

インプレッション数

広告が見られた数

まとめ

アドピックでよく使われる専門用語を発見したらまた追記していこうと思います。

コンバージョン率などはホームページを運営する上では欠かせない指標になります。今のうちから勉強しておくのもいいと思います。