アフィリエイトサイトを運営する際はジャンルに特化したブログ運営が望ましいです。例えばクレジットカードについてのアフィリエイト商材を取り扱う場合はクレジットカードの情報だけでまとめられたサイト構成にします。その方がユーザーも固定できますし、サイトボリュームも増えるので濃い内容のサイトになります。

クレジットカード商材を取り扱うブログなのに美容品の紹介などがあると訪れたユーザーは出て行ってしまうことが多いです。ですからサイトを作るときはジャンルを絞ったサイト作りが欠かせません。

人気PTサイト

なんのアフィリエイト商材を取り扱おうか迷っている人はとりあえず総合的なブログを一つ作ろう

既に「このアフィリエイトサイトを作りたい!」という目標がある人であれば最初からジャンルを絞ったサイト作りでいいと思います。しかし、初心者の方はどのようなジャンルのアフィリエイトに手を出そうか悩んでいる人も多いと思います。

自分の得意な物があればアフィリエイトサイトは作りやすいです。しかし、以外と得意な物って少ないですよね。特にアフィリエイトサイトは自分も知識を吸収しながら作っていくことが多いと思います。ですから情報収集や勉強が苦にならないアフィリエイトジャンルを探さなければいけません。

そのような場合に一つ総合的なジャンルを取り扱っているアフィリエイトサイトがあるといいです。いいなと思ったことを箇条書きなどでもいいので簡単にどんどんまとめていきます。ブログ記事を作る中で情報を調べるのが楽しい商材よく検索される記事が見つかる場合があります。そのような記事や情報を主軸にしたアフィリエイトサイトを別で立ち上げると意外と集客できたり利益化に繋がったりします。

記事の選定や試したい内容を簡単に試せるサイト(捨てサイト)を持っていると便利です。アフィリエイトサイトを立ち上げる前段階の市場調査やSEO難易度なども手軽に調べることができます。私も一つ総合的な情報を書きなぐっているサイトを持っていますが、そちらの検索や臨時報酬も侮れませんので初心者の方はとりあえず総合的なブログを1つ作りこんでみてください。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

情報特化型のブログに最初から手をつけると放置しやすくなる

情報特化型のブログは確かにアクセスも稼げますし、コンテンツの内容も濃くなるのでお勧めです。しかし、最初から手をつけてしまうと意外と放置することが多いです。

  • 稼げるというだけでこのジャンルを選択してみたが魅力を感じなかった
  • 事前知識がかなり必要ですぐに収益化できそうもない
  • そもそもこのジャンルが好きではなかった
  • 記事を書いていくにつれて知識のなさが浮き彫りになってきた
  • 強豪サイトが意外と多かった

私の場合このような理由で放置することが多かったです。皆事前に調べればわかることですが、「稼がなきゃ」という気持ちが先走ってしまうとこのような項目に目が向かないので注意が必要です。そんなときに総合ブログがあれば便利です。様々なことがわかります。

強豪サイトが多く記事を書いても検索順位が上がらない

キーワードプランナーなどで競争率の低いキーワードで記事を書いてみたが検索流入が少ない。意外と多いんです。私は無料ブログに数記事書いて流入があるかどうかを調べます。あまりヒットしなければ手を出しても難しいジャンルである可能性が高いです。総合ブログがあれば記事を書いてみれば一目瞭然ですね。需要があるもの競争率の低いものは検索に引っかかってきます。

このアフィリエイトジャンルが好きでないと気づける

これ以外と多いと思います。書く前は「このジャンル結構好きだし利用するから続けられそう」と思ってもいざ運用し始めると更新が面倒になることありませんか?私はよくありましたw

自分に合ってるか合ってないかは実際に記事を書いてみないとわかりません。逆に最初は興味がなくても検索に引っかかりやすくアフィリエイト成果も上がりやすい記事できあがることもあります。そんな場合は嫌いだったアフィリエイトジャンルが好きになることも多いです。以前は嫌いでしたがお金を貰えるという理由から俄然やる気がみなぎります!

初心者の人はまずは総合アフィリエイトサイトを一つ立ち上げて慣れていきましょう

もう既にブログも複数運営したことあるよ!という人はいらないかもしれません。しかし初心者の方やブログを書いたことのない人は是非一度お試しください。力を入れていない記事に限ってアクセス数が多かったりキーワードやタイトルを変えただけで検索に引っかかりやすくなったり意外な発見がたくさんあります。

まずは記事を書く練習も兼ねて作ってみてはいかがでしょうか。

無料ブログであればタダで作ることもできます。

最初から有料サービスを使うのではなく無料サービスで肩慣らししてみるのもいいと思います。