ガソリン代1ヶ月に換算すると結構な出費になりますよね。

都会なら電車があればどこにでもいけますが、地方都市や田舎に行けば行くほど車は日常必需品になります。
そんな中でも車のガソリン代は月々の出費でも大きな部類ですね。

私の職場は車で45分。普通車ですと月に1万5千円から2万円ほどになります。
冬場は暖機運転する時間が他の季節に比べて長いのでガソリン代も5千円位上がります。

冬は止まったり動いたりするので夏以上にガソリンの消費が多い印象を受けますね。
家計簿でも冬場のガソリン代は夏に比べ高いです。

そんなガソリンを安く抑える方法があります

人気PTサイト

レギュラー満タン!は高くつく!ガソリンの量をほどほどにすることで燃費がアップ!

ガソリンはリッター30キロ以上入れれる車が多いと思います。
レギュラー満タンにすると荷物を積んでいなくてもガソリンの重さから燃費が悪くなりがちに。

最近はガソリンスタンドも多くあるので補給には苦労しないと思います。
またいらないものを乗せたまま走るのもおすすめしません。

キャンプ道具をおろすのが面倒だといって積んだままになっていませんか?
無駄なものを極力無くすことで燃費は良くなります。

ガソリンも腹八分くらいにしておくのがいいですね。
私の職場までガソリンスタンドがたくさんあるので私は5割程度入れていつも走っています。

ガソリンスタンドに行けば窓も拭いてくれるので一石二鳥ですね!
ガソリンスタンド側からしたら迷惑かもしれませんが^^;

モッピー!お金がたまるポイントサイト

タイヤの空気圧もチェック

あなたの車は空気圧のチェックはいつしましたか?

タイヤの空気圧が低いと燃費が悪くなります。
自転車のタイヤの空気も少ないとパンクする恐れがあったり、こぐ時に力をいれないとこぎずらい経験は誰しもあるでしょう。
車のタイヤの空気圧も同じで空気圧が低いと無駄な抵抗が生じるため燃費が悪くなります。タイヤの空気圧の管理はタイヤの寿命も伸ばしてくれますのでチェックは忘れずに行いましょう!

どれぐらい影響があるかは下記サイトをチェックしてみてください!
http://www.nenpikoujyou.com/camp/airpressure.htm

アイドリングストップを心がける
アイドリングストップとは信号などで止まった時にエンジンを切る行為です。燃費消費軽減になるのは皆さんもご存知だと思います。最近ではアイドリングストップ機能がついた車も数多く出回っていますし。

しかしエンジンのオンオフを繰り返すとエンジンに負荷がかかるので無理にする必要はないかもしれません。

むやみにON/OFF切り替える行為は、家電製品の寿命を縮めることで有名です。
家電だけではなく、車も極端に切り替えすぎると破損というリスクが出てきます。

なのでむやみやたらにアイドリングストップを心がけなくてもいいです。
慣れないと逆に急発進してしまったり、エンストを起こす原因にもなりますので注意が必要です。

急発進急ブレーキは避ける

これは運転マナー上でも実践して欲しいですが急発進急ブレーキは車にも毒ですし、無駄なガソリンを消費してしまうのでおすすめしません。できるだけ一定の速度で走りましょう。街中でも発進はゆっくりとを心がけましょう。