あなたはタバコをどのくらいの頻度で吸っていますか?
私は昔1日1箱ペースでタバコを吸っていました。

当時は1箱300円代〜400円代だったかな?
フィリップ・モリスとマルボロを吸っていました。

フィリップ・モリスは独特の匂いが好きで好んで吸っていました。苦いというか渋い味が好きでしたね。ピースなども好きで友人からは

「親父タバコ吸ってるw」

と言われることも多かったです。結構タバコらしい味のものが好きでKOOLなどのメンソールが効いたものはあまり好きではなかったです。
そんな中こんな記事を見つけました。

6月から一部の「たばこ」が値上げに!マールボロなど9種類

この記事によると2015年の6月に一部のタバコが値上がりしたようです。10円アップはまだ昔の大幅値上げに比べれば可愛いものですが、マルボロなどは400円超えていましたね。気になってマルボロの値段を調べたら驚きました。

一時期マルボロもよく吸っていましたが、今のマルボロは460円もするようです。
紙巻 外国たばこ マールボロ

これは結構な出費になりそうですね・・・。

私がマルボロを喫煙していた当時は300円台だったような記憶があります。300円でも高いと言っていたので今の金額はとても手を出せるようなものではなくなってきました。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

タバコをやめると節約になる

当時の私はタバコを1日に1箱ペースで吸っていました。
1月約30日ですから1ヶ月に30箱吸っていたことになりますね。

30×460=13,800

約1万4千円になります。恐ろしや。
タバコを辞めれば毎月1万円と少しの金額を貯金に回せますよね。
1年で20万くらいは貯まるのではないでしょうか?
タバコをやめて節約することで生活にゆとりを!

タバコをやめて良かったと思うこと

無駄な出費が減る

タバコをやめて本当に良かったと思うことは色々あります。まずはお金の使い道が増えたことですね。1万円も浮いたので今ではジムに通って体を鍛えています。その他にはコンビニに行く機会が減ったので無駄な出費をすることもなくなりました。私はタバコを買うためにコンビニに寄るとついつい飲み物やスナック菓子などをついでに買ってしまう癖がありました。コンビニの商品はスーパーと比べても値段が高いので今思うと無駄な出費になっていたなと思います。

タバコをやめて無駄な出費が減りました。

タバコの臭さに気付ける

煙草を吸っているときは自分がこんなに臭いとは思ってもいませんでした。しかし、悪臭も慣れてしまえば気にならないものですからね。運動部の部室も部員自身は臭さを感じませんが、マネージャーから「臭いから掃除して!!」と怒られたことはありませんか?
自分の体臭や服についた臭いは自分ではなかなか気づきません。

煙草を辞めてから喫煙者の煙草臭さに気づきました。

服に煙草の臭いが染み付いていて近くを通るだけでわかります。煙草を吸わなくなるとこうも敏感に臭うのかと・・・驚きを隠せません。喫煙所で吸っている時はもちろん、その人が近くを通るだけで煙草の臭いはわかります。

また喫煙者は口臭がきつい人も多いです。オーラルケアをしっかりしている人は別ですが、何もしていない人は本当に臭います。またそこにコーヒーなんて加わるものなら本当にきつくなります。

今まで自分も同じような臭いを周りにバラまいていたと思うと本当に申し訳なく思いました。

ご飯が美味しくなり太りやすくなった。おかげで体型維持を考えるように

そして煙草をやめて一番の変化は体重の増加です。これはあまりいいことではないのですが・・・。
おかげでジムに通ったりして体を鍛えるようになりました。体型維持のために適度な運動をすることになったので生活にハリも生まれました。

煙草吸っていた時は喫煙所で愚痴を言いまくる生活をしていました。
しかし、ジムに通いだしてから気持ちがポジティブになり始めました。

体を動かすことって大切なんだなと思いましたね。

また煙草をやめてからご飯の量も増えました。食費は少し上がりましたが、今までよりご飯を楽しんでいると思います。煙草を吸っている時はスーパーの惣菜やインスタント食品を食べるだけでしたが、最近は自炊もはじめてみました。美味しいご飯が食べたいという欲求がふえてきたのです。

ご飯も禁煙前に比べ、美味しく感じるのかついつい食べ過ぎてしまいます。
タバコを吸っていた時は「ご飯食べるのが面倒臭い」と思うことも多く、不健康な生活を送り気味だったので今となっては禁煙して良かったと思います。

禁煙したメリットを感じられない方へ

私の友人にも何人か禁煙にトライして挫折してしまった人が居ます。体が軽くなる、ご飯が美味しくなる、そういう噂を聞いて、はじめて見たはいいものの思うような結果が得られない人も多いのではないでしょうか?

私自身禁煙した当初はご飯も美味しく感じないし、体はよりだるいし、とても辛い思いをしました。しかし、数週間、数ヶ月とたつにつれてその気持ちはなくなりました。階段の上り下りで息が上がるということもなくなり今となってはいいことづくめです。

タバコをやめる前と出費が変わっていないという人

タバコをやめると節約になるのは誰しもわかりきったことだと思います。
しかし、止めようとした喫煙者が声をそろえて言うのが「タバコをやめてもお金は貯まらなかった」というものです。

確かにタバコをやめても口さみしいので飴やお菓子を食べてしまうことが多いです。結果的にタバコをやめる前と変わらない出費になってしまうケースが多いです。中には禁煙してから出費が増えたという人も。しかし、この口がさみしいというのもタバコを吸っていた頃の名残でしばらくすると口さみしさも少なくなります。

また出費が変わらないということはタバコ以外にお金を使っているということです。今までに使えなかったところに使っている証拠。

最近始めた趣味はありませんか?
料理のグレードがあがりましたか?

身の回りを見渡すと以前よりお金をかけているもの(家具・家電・趣味など)が発見できます。
タバコを吸っていたとしたら「今月の飲み会は1回少なかった」かも知れません「あなたが欲しくて買ったインテリア」も買っていなかったかもしれません。

月1万円から2万円程度でも生活は変わります。デート代やプレゼントにもプラスできますし、いいことづくめですね。

それでもやはり貯蓄をしたい!と思う方は「タバコを吸ったつもり貯金」をすれば意外と溜まっていきますよ!
タバコを吸っていた時は今の生活費からタバコの代金を引いたお金で充分生活できたわけですから、タバコを買っていた分(私の場合1日1箱分)貯金箱にためていけば自然と貯金できるようになりますよ!それくらい貯金しても生活水準は変わりませんし、いざという時に使えるのでオススメです。

まとめ

タバコをやめるといいことばかりです。部屋も臭くならないし、タバコが原因で他人に迷惑をかけることもありません。また一番いいと思ったのは喫煙所を探す時間が減ることですね。タバコを吸えない場所も増えてきました。タバコが吸えないというストレスを抱えるよりもタバコをやめてタバコのストレスから解放される方が私はいいと思います。