結婚式の二次会は新郎新婦の友人が協力することが多いと思います。
結婚式の二次会の会費はだたい5,000〜9,000円でしょうか。

このときに必要になるのがお釣りです。基本的にみんな揃うように持ってきてくれていますが。

「私1万円札しかない」

という輩も必ずいますのでお釣りは必ず用意しましょう。
6,500円など500円玉のお釣りが必要になる会費も多いです。ですので事前に1,000円札や500円玉などのお釣りを用意しておきましょう。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

結婚式の二次会用に500円玉や1,000円札を大量に用意する場合は銀行に行こう

結婚式の二次会ではお釣りとして500円玉や1,000円札はある程度用意しておいたほうがいいでしょう。

では500円玉や1,000円札はどこで両替してもらえるのか?

あなたの街の大きな銀行のATMで両替することができます。

1,000円札はATMの引き出し方を工夫する

1,000円札を大量に用意したい場合はATMでお金を引き出しましょう。

しかし、このとき気をつけるのは万単位ではなく千単位で下ろすことです。

例えば1,000円札30枚欲しい場合は

30+千+円

とATMで打ち込んでください。

こうすることで1,000円札が30枚出てきます。

1,000円単位で引き出すことで引き出す紙幣を1,000円札に指定できます。

私の行きつけの銀行のATMでもできましたよ。

ビックバンクであれば大体できると思うので是非お試しください。

500円玉の両替は銀行の両替機を使おう

500円玉が大量に欲しい場合はATMからでは無理です。

両替機にお金を入れて両替しましょう。

基本的にビックバンクや地方でも有名な銀行であればATM脇に両替機があると思います。

内容でしたら銀行の窓口までお問い合わせてみてください。

両替機はまずキャッシュカードとお金を入れます。

その後に両替したい金貨や枚数を選択します。

決定ボタンを押せば両替が完了です。

素早く取り出しましょう。

まとめ

500円玉や1,000円札は銀行で両替することができます。

ATMを使えば1,000円札が

両替機を使えば500円玉が両替できます。

両替機で1,000円札にも両替することができますが、一定数以上両替すると手数料がかかってしまうため、このように分けて両替したほうがお得に両替することができます。

両替機が無い場合は銀行の窓口で聞いてみてください。

結婚式が楽しいものになるように祈っています!