きっとこのページに訪れたあなたは結婚式の二次会の幹事になった人だと思います。結婚式の二次会の恒例イベントといえばくじ引き、ビンゴなどの全体参加型のイベントですよね。

結婚式のくじ引き、ビンゴゲームの景品としての定番はディズニーのペアチケットではないでしょうか?

ディズニーのペアチケットは景品の目玉になりうるものなので幹事としては是非手に入れたいものです。

しかし、ディズニーのペアチケットってどうやって用意したらいいんだろう??

と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

結婚式の二次会で景品として扱われるディズニーペアチケットについての注意する事柄をまとめていきます。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

ディズニーのペアチケットというチケットプランは存在しない

ディズニーランドのペアチケットは結婚式の二次会や新年会の景品として用意されることは多いです。しかし、東京ディズニーランドのチケットプランにペアチケットという概念はありません。

結局「ディズニーペアチケット」は「ディズニーランドのギフトパス(オープン券)が2枚」入っているだけなのです。

ですからディズニーランドのオンラインショップでペアチケットを探しても購入することはできません。ペアチケットを景品にしようと考えている人はディズニーランドのギフトパス(オープン券)を買うようにしてください。

ディズニーのペアチケットを結婚式の二次会の景品にするならギフトパスポートのオープン券を購入しましょう

先ほど説明した「オープン券」とは1年間有効な日付指定のないチケットです。しかし通常の「オープン券」は他人への譲渡が禁止されています。ですから結婚式の二次会のゲームの景品にすべきではありません。

ギフトパスポートについて

景品として使う場合はギフトパスポートという名前のチケットを購入するようにしましょう。

ギフトパスポートの特徴は一般的な贈り物として他人に譲渡することができます。有効期間はオープン券と一緒で1年間有効です。

またこのチケットはディズニーランドでもディズニーシーでも好きな方に入ることができます。直前までどちらに行くか考えることもできますので楽しみが増えていいですね。

ディズニーランドのペアチケットを買うなら日にち指定のないチケットを買おう

ディズニーランドには日にち指定券と日にち指定のない「オープン券」の2つがあります。結婚式の二次会の景品としてペアチケットを購入するのであれば「オープン券」を2枚買うようにしてください。

オープン券は日にち指定がないものなので、もらった人が好きな日に行くことができる券です。有効期限は購入日から1年間です。結婚式の二次会1ヶ月前に買うのがベストです。

※2016年10月から土日祝日は混雑が予想されるためオープン券での入場ができなくなります。土日祝日に利用する場合はオープン券を日付指定券に交換する必要があります。日付指定券に変えるときに手数料が引かれますので注意が必要です。

日付指定のないパークチケット(オープン券)は2016年10月から使えなくなる!?

ディズニーランドのチケット購入画面にお知らせがありました。

「日付指定のないパークチケット(オープン券)をお買い求めいただく方へのお知らせ」

こちらに書かれているように2016年10月から土日祝日はオープン券で入場することができなくなるようです。

該当日に、ご入園いただけるパークチケット

・日付指定券(1デーパスポート、シニアパスポート、マルチデーパスポート、スターライトパスポートなど)
・年間パスポート (東京ディズニーランド、東京ディズニーシー、2パーク年間パスポート※)
・株主用パスポート
※入園制限中は、ご入園いただけません。
・該当日に入園保証のあるパークチケット
(東京ディズニーリゾートの公式サイトより引用)

オープン券も日付指定券に交換できる

2016年10月以降の土日祝日に利用したい人は日付指定券への変更が必要です。日付指定券への変更は、事前に東京ディズニーリゾート・チケットセンターで変更する必要があるようです。当日でもチケットブースで変えることはできるようですが売り切れも予想されますので事前に変更しておくのがいいと思われます。

指定入園日の変更、券種変更、年齢区分変更、パーク変更、有効期限を変更する手続きや台紙変更を行った場合、変更手数料として200円かかります。(2016年2月現在)

ただ日付指定すると「今日は雨だから来週にしよう」など融通は聞かなくなりそうです。また手続きが面倒になるので少し大変になるかもしれません。

チケットの変更手数料・具体例などは

パークチケット・観光券の変更手数料について

を確認してください。

中古やオークションで結婚式の二次会用の景品(ディズニーペアチケット)を買うのはやめよう

幹事としてはできるだけ安く抑えたい。そう思っている人も多いのではないでしょうか?
しかし中古やオークションで買ったチケットの場合有効期限が切れている可能性も考えられます。またギフトパスポートではない通常のオープン券を出品している人もたまに見かけます。

通常のオープン券は他人に譲渡できませんから知らずに購入してしまう場合もあります。そもそもギフト用ですから多少お金がかかったとしてもケチってはいけないと思います。

自分で購入するのが大変でも公式ストアから購入してください。

手軽に高級感を出したければ少し高くてもいいなら楽天の1DAYペアパスポート用チケットを買おう

ペアチケットを自分で買うのもいいですが、景品の目玉として注目を集めたい。そんな人はA3パネル付きの東京ディズニーリゾートペアパスポートがおすすめ!

これはオープン券とA3パネルがセットになった商品です。

スタンド付きパネルなので会場設営も楽々!便利なので結婚式の二次会の目玉商品として買う人が多いようです。

結婚式の二次会景品としてメジャーなディズニーのチケットを買うために私は1時間ほど情報を調べたりしました。しかしこの商品は楽天で購入するだけなので幹事の負担も軽く済みます。チケットだけだと味気ないですがA3のパネルも付いているので豪華さがUPしますよ!

チケットだけだとインパクトに欠けますが、高級感あるパネルがゲストのみんなのテンションを上げるお手伝いをします。+2,000円ほどかかりますがパネル・目録のことを考えると便利で簡単なのでオススメですよ!

目録のみなので持ち帰りもかさばりませんし、チケットの日にち指定などもお申し込みハガキに書き込んで送るだけなので幹事の負担も少ないです。結婚式の二次会はもちろん新年会の景品などにも使えそうですね。

景品 東京ディズニーリゾート1DAYパスポート ぺアチケット、ディズニーランド、景品、二次会景品、目録、ディズニーチケット、新年会

価格:16,138円
(2016/2/28 19:45時点)
感想(1842件)

申し込み期限についてですが書き方が曖昧でしたが
レビューに次のような内容が載っていたので紹介します。

友人の結婚式二次会景品用に購入しました!
迅速な発送と、質問に、対する丁寧な回答にも助かりました。
二次会がまだ先で、期限が心配されましたが、当選者が景品を受け取ってから一カ月。とのことで、安心しました。

とのことです当選してから1ヶ月いないのようですので結婚式が先でも事前に購入しておけますね!これは忙しい社会人にとって便利なサービスかもしれません。

ちなみに私はどうしたかというと・・・

私の場合はデザイナーの友台tがいたのでボードはデザイナーの友達に作ってもらいました。独特なデザインだったのでみんな盛り上がってくれました。

デザイナーの友人がいる場合はこのようにお願いしてみるのもいいと思います。

ディズニーペアチケットまとめ

東京ディズニーランドのパスポートを贈り物にするならギフトパスポートの購入を検討してみてください。

また豪華なパネル付きのものなど少し豪華な演出の商品もありますのでそちらを利用するのもいいと思います。平均的に2,000くらい料金が上乗せされますが事前情報の収集やチケットの購入などディズニーのペアチケット購入に戸惑う方はとても多いようです。

また入園規制の場合は入れないこともありますので注意が必要です。
平日行く分には気にしなくてもいいと思いますが、土日祝日に行くなら早めに入りましょう。

2016年の10月からは日付指定でないと土日祝日は入場できなくなるようですので、その情報も当選者に景品を渡す時にちらっと教えてあげると喜ばれると思います。

結婚式の二次会の火付け役となるディズニーペアチケットですが取り扱いが面倒ですので注意してください。面倒だとお考えの方は楽天の目録付きディズニーペーアチケット商品を買うのがスマートですよ!

利用者から話を聞きましたがとても便利だったようです。