ポイントサイトとアフィリエイトの関係性について紹介していきます。

ポイントサイトとアフィリエイトは一見何の関わりもないように思いますが、実はとても大きな関わりがあります。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

ポイントサイトとは

ポイントサイトではサイト内に掲載されている広告を利用することでサイト内で使えるポイントが貰えます。このポイントをある一定数以上貯めると現金や商品券・Webmoneyなどの電子マネーに交換することができるサービスです。

アフィリエイトとは

アフィリエイトとはASP(広告提供サイト)に掲載されているバナー広告やテキスト広告をブログやサイトで紹介し、そのリンクから商品購入などのアクションを起こした場合に広告主からASP(広告提供サイト)経由でバナー広告を掲載したサイトの管理人に報酬を支払うシステムです。別名「成果報酬型広告」とも言われています。このアフィリエイトで生計を立てている人たちを世間ではアフィリエイターと呼ぶことが多いようです。

アフィリエイトとポイントサイトの関係性

アフィリエイトとポイントサイトの説明を行いました。気づいている人は多いと思いますが、ポイントサイトはアフィリエイト広告を利用することで利益を得ています。

ポイントサイトは広告利用することでポイントが加算されます。広告バナー経由で商品購入などのサービス利用をすることでポイントサイトの運営側にお金が入ります。そして、その内の何割かをポイントとしてユーザーに分け与えます。

このようにポイントサイトはアフィリエイトに依存したサービスです。
もちろん独自の広告も多いとは思いますが、このようなサービスをしているところも多いと思います。

アフィリエイトの方が稼げるのにポイントサイトが人気の理由

ポイントサイトはアフィリエイトからの収入を得て運営していることは理解してもらったと思います。
ではなぜアフィリエイトの方が稼げるのにこんなにポイントサイトが人気なのでしょうか?

アフィリエイトで収入を上げるためにはペルソナをしっかり立てて、集客方法を考え、広告への誘導もしなければいけません。SEO対策の知識も必要になります。

しかしポイントサイトは掲載されている広告を利用することで報酬が発生します。つまり知識がない一般の方でも利用しやすいのが一番の魅力なのです。利用者側からしたらポイントサイトはとても便利なサービスです。

広告の数はポイントサイトとアフィリエイトのどちらが多いの?

広告の数はアフィリエイトASP(広告提供サイト)が断然多いです。
ポイントサイトはASP(広告提供サイト)に依存した形で運営をしているからです。

またアフィリエイト広告の中にはポイントサイトが禁止されているものもあります。
ですから結果的にアフィリエイトサイトを運営する方が様々な広告を利用することができます。

なぜポイントサイトに利用できない広告があるのか

アフィリエイト広告の中にはポイントサイトNGのものがあります。

なぜポイントサイトが利用できないアフィリエイトがあるのでしょうか?
それは純粋な顧客データを取ることができないからです。

例えばポイントサイトを経由して取得した場合、純粋に商品を使いたいという方よりはポイントの為に登録する人が多いからです。
純粋な見込み客名簿を作りたい!と思っている企業側からするとポイントサイトには使ってほしくない場合が多いです。

とりあえず使ってもらいたい!!

そう思っている企業にとってはポイントサイトはうってつけです!
なぜならとりあえずポイントサイトを経由してサービスを利用してもらえる機会が増えるからです。
知名度が上がりますので、リリースしたての商品などはポイントサイトをうまく使っている企業も多いです。

ポイントサイトとアフィリエイトの関係性まとめ

ポイントサイトはアフィリエイト広告を利用して収入を得ていることが多いです。中にはポイントサイト禁止のアフィリエイト広告もあるのでポイントサイトはアフィリエイトに比べ利用出来るサービスは少なくなってしまいがちです。しかし、アフィリエイトのようにブログを作ったり、サイトを立ち上げる必要がないので初心者の方やブログのことがわからない人でも始められる利点があります。

アフィリエイトもポイントサイトも使い方次第でいいツールになります。
ポイントサイトとアフィリエイトの関係性を理解した上でポイントサイトやアフィリエイトとうまくお付き合いしていきましょう。