引越しの際に必要になる転出証明書(転出届け)は引っ越死する2週間前には発行しておくのばベストです。
しかし、急遽引越しが決まった場合や、転出証明書(転出届け)を忘れてしまった場合、家族が代理で出すことができます。

引越しした兄弟や姉妹の為に代筆しなければいけないという方は最低限これだけは持っていけ!必要!というものを紹介していきます。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

転出証明書(転出届け)の際に必要なもの

代理人の身分証明書(マイナンバーカードや免許証)
印鑑

まず転出証明書(転出届け)を代理で発行する場合、身分証明書と印鑑を必ず持っていってください。
本人確認ができないといけない為です。

印鑑は文章の修正や書類の確認の際に判子を押す機会があるかもしれないので念のため(私の時は印鑑いりませんでした)

転出証明書(転出届け)の際に確認しておいたいいこと

引越しをした兄弟姉妹の正式な生年月日
兄弟姉妹の本名
世帯主の本名

転出証明書(転出届け)を出す際に、引越しをした兄弟の生年月日を記載します。
和暦で書くことになるので昭和生まれなのか平成生まれなのか、など正式な誕生年月日を控えておきましょう。

あと、念のため兄弟の本名も今一度確認しておいたほうがいいでしょう。

自分の父親や母親(世帯主)の名前も書かなければいけないのでそちらも確認しておくといいでしょう。

転出証明書(転出届け)発行後引越し先の兄弟のところに郵送してあげる

転出証明書(転出届け)を発行したらあとは封筒に入れて郵送してあげてください。

転出証明書(転出届け)の発行は意外に忘れやすいので確認しておきましょう。

新生活などで引越しをする際には転出証明書(転出届け)を事前に申請しておこう

やはり引越しを控えている人は今一度どんな書類が必要になるのかをしっかりチェックしておきましょう。