モッピー!お金がたまるポイントサイト

若者正社員チャレンジ事業に登録しようか迷っている方へ

若者正社員チャレンジ事業とは企業と「正社員として働きたいけど働けない若者」をマッチングしてくれるシステム。正社員として働きたいのに働けない。そんな人にあった企業にマッチングしてくれるサービスです。

脱派遣、脱ニート、脱フリーターを目指している人はその殻を破ってみませんか??

正社員雇用されるかは努力とマッチング次第

正社員雇用されるかされないかはあなたが行く企業によってまちまちだと思います。

例えば3ヶ月は無料で雇える制度をうまく利用し、3ヶ月経ったらなんか理由をつけて追い払うというところは実際にあります。私の前在籍していた会社はトライアル雇用を最大限利用し3ヶ月経ったらどんどん新人を切っている会社でしたから。若者正社員チャレンジに参加している企業様にも少なからず存在する可能性はあります。

しかし、それ以上に優良な企業が多くいる可能性もあるわけです。私の人生は一度きりなので他の企業に飛び込むわけにはいきませんが、「優良企業に就職できるかもしれない可能性」を「変な企業とマッチングするかもしれない不安」どちらにあなたはかけますか??

私なら断然可能性に賭けたいと思います。

私自身失敗を重ねてきた人生・・・でも失敗から学べることもある

私も一度入った会社が失敗に終わったタイプです。マニュアルもなく、人を育てるつもりもない会社でした。飛び込み営業のノウハウ(という名の社長の独り言)を1日聞いて次の日からは飛び込み営業です。それも炎天下の中町にポーンと放り出されるだけという・・・。あまりにひどい会社でした。

確かに研修に行く企業の離職率はしっかりと確認した方がいいでしょう。中には離職率が高い職場や、はじめからOJT期間が終わったら切る気満々の職場がそこそこ混じってる可能性もあるからです。でもこれは入ってみないとわからない。

ネットのマイナス評価は信用しすぎるな

ネットの情報は信用ならないことも多いわけです。例えば企業にマイナス評価をつけている人はどんな人たちでしょうか?

・仕事が遅かった人
・職種に合わなかった人
・人間関係がうまくいかなかった人

など様々です。この人たちに共通しているのは「その企業に合わなかった人」ということです。確かに世の中には給料未払い、残業時間が多いなどのブラック企業も多いです。しかし、それ以外の要因でマイナス評価をつけている人は基本的に「その企業と合わなかった」だけなんですね。

ではこのマイナス評価を信用して、あなたが参加しなかったとしましょう。もしかしたらあなたにとってはとても馬の合う仲間ができたかもしれません。仕事もあなたに合っていたかもしれません。

その可能性を0にするのであれば飛び込んでみてはいかがでしょう。フリーター、ニートなんて失うものは何もないじゃないですか。むしろこのチャンスをいかさないままなんてもったいないとおもいませんか??

若者正社員チャレンジ事業の正社員率は高いが、これは求職者が努力した結果

若者正社員チャレンジ事業は8割がた内定がもらえるという話も聞きます。
しかしあなたがその8割に必ず入れるわけではありません。企業との相性もあります。

でも就職に困っているなら是非参加した方がいい。ある意味こんなチャンスは滅多に転がっていないのだから。

うまい話には裏があるといいます。だから必ずしも成功するわけではありません。またこれはチャンスをもらったに過ぎないのでこのチャンスを生かすも殺すもあなた次第ということになります。

しかし、必ず失敗するわけでもないので飛び込んでみてもいいかもしれません。

普通に就活して内定もらってもいざ働いてみたらひどい会社だったなんてこともありますから。

世の中にうまい話はないが必ずしも失敗するとは限らないということです。

チャレンジできる今だからこそ【若者正社員チャレンジ事業】に飛び込んでみるのもいいのではないでしょうか。

努力しなければその8割に入ることはできないでしょう。ですが、努力して行動に移せばあなたも正社員になれる可能性があります。8割の内定者の仲間入りすることができるのです。

ハローワークよりも手厚いサポートがうけれることは間違いない

ハローワークや職安に通い詰めて一人で企業に応募し続けるよりも確実に良いサポートをしてもらえることは確かです。とりあえず迷っているようであれば【若者正社員チャレンジ事業】に応募だけでもしてみてはいかがでしょう。行く行かないはあなたの自由ですが、行くチャンス自体を自分で壊すのはもったいないと思います。

正直ハローワークは求人票に掲載されている企業にアポを取ってくれるだけ。後の面接の日取りは自分で合わせなければいけません。いきなりそれはハードルが高い・・・。とお考えのあなたは是非【若者正社員チャレンジ事業】に応募することをおすすめします。

就活をする上で「自分なりにやってみたい職業」を模索することは必要

あなたは職を探すとき「営業職以外ならなんでもいい」という態度でキャリアコンサルタントの方とお話ししていませんか?
そのような考えで就活する人はいつまでたっても決まらないことが多いんですよ。

それはなぜか??

キャリアコンサルタントに相談したり就職支援を利用しても「本当にこれは自分に向いているのか」と自問自答してしまう人が多いような気がします。あなたが何に向いているか何をやりたいかを明らかにするのに時間がかかるので就活にシフトするときに「衆職できればどこでもいいや」という考えにシフトしがちです。

そんな人こそ、【若者正社員チャレンジ事業】に参加して、自分の可能性、自分と会社との関係性を模索していけるようになればいいと思います。

【若者正社員チャレンジ事業】は自分だけで就活するよりすんなり仕事が決まったりする。カウンセリングを元にキャリアコンサルタントの方が求人を紹介し、斡旋してくれるサービスなんてハローワークにはない。

でも変な企業に押し込まれる場合もあるので注意は必要です。妥協するのも仕事を決める上では大切ですが、譲れないもの(勤務地や給与など)は絶対に譲ってはいけません。

そこを妥協し始めたら変な企業に押し込まれる可能性は増えてしまうからです。

【若者正社員チャレンジ事業】のカウンセリングに行くだけでも大きな一歩

【若者正社員チャレンジ事業】が始まる前にまずはカウンセリングをします。
話をしっかり聞いていただけるのでそれだけでも行く価値はあると思います。

それでも嫌だと感じたらエントリーに進まなければいいだけ。これでも大きな一歩になります。

参加者の半分以上が20代後半。考えることは同じなんだとあなたも安心しますよ。事前セミナーで一緒に課題をこなしていくうちに仲良くなれる人も出てきます。そんな方たちと一緒に終活できるのですから心強いですよね。

【若者正社員チャレンジ事業】に参加している人で順風満帆な人はほとんどいないと思います。親の介護のため、就職浪人からのフリーター、元ニート何て人も多くいます。みんな不安だけど今の現状を打ち破りたいと志願した仲間たちです。

みんな基本的に優しくていい人ばかりです。そんな人たちと共にあなたも生社員を目指しませんか??

参加者には様々な性格、思考があるように、参加する企業側も様々な色、形があるんです。企業に出会い、うまくマッチングするのって意外と難しい。でも世界にはたくさんの企業で溢れている。あなたと合う組み合わせはたくさんあると思います。

1社受けてだめでも2社目はいいところかもしれない。諦めずに頑張りませんか?

1回目の企業説明会で合う会社がなかったとしても、2回目でみつかるかもしれない。

インテリジェンスの【若者正社員チャレンジ事業】がオススメです
私がおすすめするのはインテリジェンスが運営する【若者正社員チャレンジ事業】です。

事前セミナーはキャリアコンサルタントの方と1対1で面談をするので気軽にできます。履歴書を見ながらキャリアコンサルタントの方と「こんな仕事がしたい」「社会復帰したい」という話をしていきます。
社会復帰するためには何が必要なのかがここでわかってきます。

事前セミナーは2日間おこなわれます。グループワーク中心なのでコミュニケーション不足な人や苦手な人にとっては苦痛かもしれませんが、ある意味他人と話すいいきっかけ作りでもあります。自分PRするためにも児文と向き合う時間が増える印象がありますね。

この二日間で意識改善をしていく感じですね。ここで自分に足りない能力に気づけるだけであなたは1つ先に進めると思います。例えばコミュニケーション能力をもう少し身に付けたい、筋道を立てたトーク力を磨きたいなど・・・。

その時に合同企業説明会の詳細を教えてくれます。合同企業説明会は丸1日。事前に情報を調べることもできますし、当日参加企業の資料を見せてもらい、いろいろ調べる時間も午前中もらうことができます。

5社くらいの企業に的を絞って面談をすることができる。面談できる人数が限られているので早い者勝ちな部分も多いので色々な候補を用意しておいた方がいいかもしれません。また質問内容はある程度どの会社でも聞けそうなことを数箇用意しておくと便利。

あとはPRシートに一言書いて企業に渡す。

一連の流れが終わったらインテリジェンスのスタッフに第三希望まで書いた紙を渡す。

企業側もきて欲しい人材を選んでインテリジェンスに渡しているのでお互いの希望がマッチすれば実習に行くことができる。

そして実習先が決まった人はマナー研修を2日間おこない、いざ実習へ!!!

というのが実習までの一連の流れです。

実習期間も企業によってまちまちで短いところから長いところまであります。

また行ってみたい業種がことごとく落ちたら「自分にはこの業種は向いていない」と見つめ直すチャンスにもなるのでオススメです。