せどりはインターネットでおこなう副業で最も簡単に”かつ”成果を出しやすいネットビジネスとして人気です。

せどりの基本的なビジネスモデルは古本や中古のCDを安く買って転売して高く売る行為のことを言います。

人気PTサイト

せどりの由来

せどり(競取り、糶取り)とは、古本用語を元にした言葉からきていると言われています。せどりとは”掘り出し物を転売して利益を得る”行為を指す言葉として使われてきました。今では広い意味で「転売する人」や仲介者に対して使われることもあります。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

せどりの基本的な知識

せどりとは大手古本屋さんや小さな古本屋さんを巡って破格で売っている本を高く売り利益を得ます。200円などで売られている古本もマニアの間では高値で取引されている場合があるのです。そのような掘り出し物を格安で見つけ出し、マニアに高く売るそれがせどりです。

せどりの可能性

まずは想像してみてください。あなたが300円で本を買ったと仮定します。その本が6,000円で売れた場合5,700円の利益になります。

1ヶ月に10件売れば57,000円

またレア度によっても価格は変動します。山が当たればさらに高額の利益を得られます。人気作家が若い頃出していた同人誌や有名作家の初版本などは比較的高値で買い取ってもらえます。街のブックオフなんかにも以外と置いてあったりするようです。

小さな個人の古本屋さんにも掘り出し物が落ちていることが多いので見逃せません。通常では数百円のものがオークションで売れば数千円から数万円になるのでロマンがあります。

漫画本などは手塚治虫さんのものや特典付きのものも高く売れることが多いです。