レンタルサーバー 高速・高機能・高安定性の【エックスサーバー】
エックスサーバーWordPress運用に最適なレンタルサーバーの一つです。
月額1,000円からと少しお高い印象ですが高性能で管理画面は使いやすく操作性も抜群です。

また利用者も多いので運用面や操作の不明点があってもネットで簡単に情報を探せるので便利です。

私自身WordPressでブログを作ってみましたがWordPressの使いやすさは群を抜いています。
無料ブログもいいんですが、デザインの自由度やプラグインの種類の多さをみてもWordPressでの運用はメリットが大きいです。

人気PTサイト

レンタルサーバーとは

そもそもレンタルサーバーってなんだ?
と思う方も多いのではないでしょうか。

簡単に言うとホームページを表示するプログラムを格納しておく場所のことを言います。例えばこのページもレンタルサーバーにサイトの情報をアップロードすることでホームページとして表示されるのです。

レンタルサーバーとはその他にもメールの内容やデータベースなど様々な情報を格納する場所だと思ってください。その説明はまた別のページで詳しく紹介します。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

無料のレンタルサーバーではなく有料のレンタルサーバーが良い理由

エックスサーバーは有料のレンタルサーバーです。なぜ無料のレンタルサーバーではいけないのか?
それはいろいろありますが簡単にまとめると以下のような特徴があります。

・無料のレンタルサーバーだと広告が表示される
・無料のレンタルサーバーは通信速度が遅い
・無料のレンタルサーバーはデータをアップロードできる量に限りがある
・PHPなどの言語が使えないことも
・MySQLやデータベースが使えない

以上の5つの点から、ホームページやブログに力を入れるのであれば無料のレンタルサーバーではなく有料のレンタルサーバーがオススメです。

有料のものはお金がかかりますが、アップロードできる量や使える言語、通信速度など全てにおいて無料レンタルサーバーより使い勝手が良いです。

例えば今巷で流行っているWordPressもPHPやMySQLがないと利用することができません。以上の点からWordPressなどを使ってアフィリエイトブログを運営する場合は有料レンタルサーバーを選ぶほうが良いのです。

エックスサーバーとメジャーな有料レンタルサーバーを比較

ブログ初心者にとってのメジャーなレンタルサーバーといえばロリポップ、エックスサーバーの2つがよく上がると思います。ではどのレンタルサーバーがいいのでしょうか??

初心者向け有料レンタルサーバー:ロリポップ

初心者向けは何と言ってもロリポップです。1年間6千円程度の料金ではじめられます。このサイトもロリポップを使わせていただいています。趣味のブログ程度であればロリポップで十分ではないでしょうか?エックスサーバーは大体ロリポップの2倍程度と考えていただけるとわかりやすいです。

・とりあえずワードプレスではじめてみよう
・ブログの運営経験がないから高いレンタルサーバーだと持て余しそう

そんな人にはロリポップはかなりコスパがいいレンタルサーバーだと思います。まずは1年ロリポップで初めて見るのもわるくはないのではないでしょうか?

中級者・上級者にもオススメのコスパ最高のレンタルサーバー:エックスサーバー

エックスサーバーは「お金にはある程度余裕がある」というアフィリエイトブログ初心者にオススメのレンタルサーバーです。

なるべく安く済ませたいという方には少し高めかもしれません。しかし、この先を見据えるとコスパは最高ですし、何より管理画面が操作しやすいのもメリットです。

また月額1,000円と思えば安く思えてくるのではないでしょうか?

エックスサーバーのメリットや特徴は後ほど詳しく紹介しますが、私も使ってみてかなり使いやすく、便利だと思います。特にワードプレスの簡単インストールは本当に便利。

WordPress使いたいけど入れ方がわからないという方はエックスサーバーでインストールするとかなり簡単に設定することができます。

エックスサーバーの特徴

エックスサーバーはエックスサーバー株式会社が運営するレンタルサーバーです。やはり安定感と高速表示が魅力ですね。ディクス容量も多く、料金もハイスペックサーバーの中では良心的な価格。一番安いX10でもハイスペックです。

  • ディスク容量:200GB
  • マルチドメイン:無制限
  • サブドメイン:無制限
  • 日本語ドメイン:利用可能
  • 転送量制限:70GB/日
  • MySQL:50個

こんなにスペックが高くて月々1,050円〜ですから安いです。
エックスサーバーでの最安プランX10でもこの容量ですからね。使いやすいと思います。

個人から法人まで幅広いユーザーから絶大な支持を受けており、コストパフォーマンスも抜群ということでデメリットらしいデメリットもあまりない印象を受けます。共用サーバーの中では比較的安定しているサーバーだと思います。

転送量制限の上限も結構あるのである程度のサイトボリュームになるまでは最安プランX10で十分です。

ロリポップと比べると月々の料金は倍なので躊躇してしまいますが、サイトのボリュームが増え、アクセスも増えてきた場合はエックスサーバーでの運用も考えてみてはいかがでしょうか?

エックスサーバーの口コミ・評判

私の友人の多くがエックスサーバーを利用しています。やはり個人での運用にとても人気ですね。サイトの更新を長期に続けている人ほどエックスサーバー利用者が多いと思います。サポートもしっかりしているので初心者も安心です!

私の場合はまずはロリポップでサイトを立ち上げて容量が多くなったりアクセスが多くなってきたらエックスサーバーに移動させるという手法で運用しています。

またエックスサーバーは独自ドメイン設定が簡単で色々なホームページを一つのアカウントで管理できるので運用面でも便利なことが多いです。

最安値のX10プラン(月額1050円)の契約で個人のホームページ運用であれば十分すぎる性能を持つことができます。

表示速度に関して

表示速度に関しては比較的早い部類に入ると思います。エックスサーバーに引っ越してからホームページが表示されないという現象は一度も経験していません。アクセス数の多いサイトでも難なく表示されます。

マルチドメインが無制限!複数のサイトを運営する際にとても便利

エックスサーバーはマルチドメインが無制限です。サイトを複数運営する人にはうってつけのレンタルサーバーですね。管理もコントロールパネルから簡単にできるのでサイト管理数が多くなっても大丈夫です!

電話サポート対応!サポート面も充実で安心

電話サポートに対応しているので何かあった時の対応は安心できます。バックアップデータも過去7日間に渡り管理されているのでデータを間違って消してしまっても復元が可能です。

X10プラン(月額1050円)料金価格

X10プラン(月額1050円)は長期利用するたびに料金が安くなります。長く使うことを考えたら12ヶ月以上の契約を考えましょう!

初回契約時お支払い料金
契約期間 初期費用 月額費用 合計
3ヶ月 3,000円+消費税240円 (1,200円+消費税96円)×3ヶ月 6,600円(税込7,128円)
6ヶ月 3,000円+消費税240円 (1,100円+消費税88円)×6ヶ月 9,600円(税込10,368円)
12ヶ月 3,000円+消費税240円 (1,000円+消費税80円)×12ヶ月 15,000円(税込16,200円)
契約更新時お支払い料金
契約期間 ご利用料金 合計
3ヶ月 (1,200円+消費税96円)×3ヶ月 3,600円(税込3,888円)
6ヶ月 (1,100円+消費税88円)×6ヶ月 6,600円(税込7,128円)
12ヶ月 (1,000円+消費税80円)×12ヶ月 12,000円(税込12,960円)

エックスサーバーの自動インストールが本当に簡単

エックスサーバーには自動インストールなるものがあります。自動インストールがとにかく簡単で使えるCMSの種類も豊富なので以外と使い勝手いがいいです。使える自動インストールは以下のとうりです。

WordPress 日本語版 PHP + MySQL を使用したブログ作成システム。海外で非常に高い人気を持つブログツールであり、デザインテーマの種類も豊富。サイトの使い勝手やユーザビリティの向上に役立つプラグインの種類も豊富。日本でもその機能性と使いやすさで人気が急上昇しています。ブログ構築している人も多くハウツーや情報もインターネット上にたくさんあるので制作する上で便利なシステム。
Movable Type Open Source ブログシステム Movable Type のオープンソース版。こちらは海外より国内で強い人気を持つブログシステムです。 国内で大人気のMovable Type がオープンソース化されたもの。個人サイトから商用利用可能です。オープンソース版は無償で利用することができます。
XOOPS Cube PHP + MySQL を使用したコミュニティサイト構築用システム。ユーザ登録型のコミュニティサイトを間単に構築することができるので初心者の人でも始められます。コミュニティーサイトの立ち上げを考えている方は是非利用してみてください。
osCommerce 日本語版 PHP + MySQL を使用したショッピングサイト構築システム。私はプライベートで利用したことがないですがこちらは無料でオンラインショップの構築、在庫管理、配送管理などが行えます。アフィリエイトやポイント制への対応も可能とのことでオンラインショップ経営を考えている人がいれば自動でインストールしてくれるので便利ですね。私的にはショップ経営はASPに任せたいところですが。
PukiWiki PHP を使用したWiki作成ツールです。最近はスマホゲームのwikiページが乱立する事態になりましたがこんな便利な機能があったんですね。PukiWikiは誰でも編集可能なウェブサイトを作成するためのツールです。

2015年10月現在ではこの5つのアプリをインストールすることが可能です。ブログからECサイト、コミュニティーサイト、wiki作成と自動インストールできる種類は豊富です。初心者の人も組み込みやすくて便利ですね!

エックスサーバーの自動インストールを体験してみる?


エックスサーバーはサブドメイン形式でのWordPressのマルチサイトの設定が出来ない!?

エックスサーバーではサブドメイン形式でのマルチサイトは作れません。

マルチサイトってなに?

マルチサイトとは、1つのドメインで複数のサイトを運営していくことです。

例えば「インターネット情報.com」という独自ドメインを持っている場合、「レンタルサーバー.インターネット情報.com」「WordPress.インターネット情報.com」など「インターネット情報.com」のドメインの派生サイトを作ることです。
サブドメインで切り分けることで1つのドメインで複数の総合的なサイトを構築することができます。

サブディレクトリー形式では作れる

エックスサーバーではサブドメイン形式でのマルチサイトは作れませんがサブディレクトリ形式はできるようです。サブディレクトリー構成でやると

「レンタルサーバー.インターネット情報.com」
ではなく
「インターネット情報.com/レンタルサーバー」

という形になります。
カテゴリーごとにページを分けるスタイルです。この形式であれば作れることが判明しました。サブディレクトリー型での構築でもいいと思う方はエックスサーバーでもいいと思います。

マルチサイト化のメリット・デメリット

ここではマルチサイト化のメリットとデメリットについても少し説明させてもらいます。
エックスサーバーではWordPressで使うデータベースMySQLがX10プラン(エックスサーバーの最安プラン)で50個も用意できます。マルチサイト化しなくても多くのWordPressをインストールして運用することができます。

自分がマルチサイトを作る時にマルチサイト化のメリットとデメリットを比較してみてください。
サイト作成の時の参考になれば嬉しいです。

マルチサイト化のメリット

  • ドメインが1つでいい
  • サイトのドメインを強化できる
  • コンテンツボリュームが増える
  • 管理がしやすい

まずドメインが一つでいいのは助かります。サブドメインやサブディレクトリー毎に管理画面を設置できるので1ドメインだけあれば何個でも作ることが出来ます。SEO的にドメインを強くしたいのならサブディレクトリー型がおすすめ!この形式でコンテンツを増やすとドメイン強化につながります。独自性をもたせたかったらサブドメイン型と選べるところも魅力ですね。

またマルチサイトの利点はサイトボリュームが増えることですね。別々でサイトを立ち上げた場合、検索結果に表示されるまで時間がかかります。新しいドメインの場合はサイトを育てるまでかなりの時間が必要です。独自ドメイン費などのコストもかかります。マルチサイトでサイトを作成すればどのジャンルの記事を書いても総合的なサイトボリュームが増えるのが利点です。

管理も簡単です。テーマやプラグインを共有できるのでデザインやプラグインの設定が一括でできます。

マルチサイト化のデメリット

  • リスク分散が出来ない
  • 導入方法が面倒
  • バグや使えないプラグインが出てくる

リスク分散が出来ないのは痛いです。ペナルティを受けた場合全サイトに影響が出てしまいます。検索結果から全部の記事が消えてしまうことも꒰。・ω・`;꒱

また導入方法が面倒なのでWordPress初心者の人にはあまりおすすめできません!マルチサイトに対応していないプラグインも多くあります。

マルチサイトにすべき場合

マルチサイトのメリットはやはり一つのソースで複数のサイトを管理・運営できるのがメリットです。テーマ内の修正は1回で十分です。1回変更してしまえば作ったサイトのすべてに反映されます。またプラグインの管理も一括できます。一部のサイトにだけ入れることも可能です。バージョンアップも1回で済むので管理が楽々!

例えば多店舗展開している美容室があるとしましょう。店舗毎のレイアウトは変えないが色味とかを少し変える程度。これなら店舗が新しく出来た時も管理画面ですぐに立ち上げることが出来ますし便利です。サイトの管理も1つの管理画面からできますし、店舗毎にユーザーを作ってあげればユーザー管理も楽です。カテゴリー毎に分けるのもいいですが、パソコンに疎い人だと使いづらいかも知れません。またカテゴリーが増えすぎると管理がしずらい場合もあります。

マルチサイトにしなくてもいい場合

アフィリエイトサイトや個人サイトは無理にマルチサイト化しなくてもいいと思います。サイトによってデザインも変わることが多いですし、カテゴリージャンルが多くならなければカテゴリー管理で十分な気もします。

エックスサーバーマルチサイト化の結論

サブディレクトリー形式では作れるしWordPress用のデータベースMySQLがX10プラン(エックスサーバーの最安プラン)で50個用意できるので個人サイトの場合はそれで事足ります!

エックスサーバーまとめ

個人でホームページを運営するなら断然エックスサーバーがおすすめ!ただ料金は少しお高めになりますので初心者の方でお金に余裕がある方は是非使ってみてください。

初心者の方は断然ロリポップがおすすめです!格安でホームページが持てるのでまずは有料レンタルサーバーでホームページを作りたいという方にはロリポップを進めています!

エックスサーバーはサイト運営を1年以上続けている中級者におすすめのレンタルサーバーかもしれません。ロリポップに比べると料金は割高になります。しかし、高いだけあって充分な性能が備わっています。

サイトボリュームも増えてきた中級者以上の人におすすめですね!
個人サイトの運用ならエックスサーバーで充分です。

これからホームページを立ち上げようと重ている人は是非参考にしてみてください。